So-net無料ブログ作成

そろそろ長沼毅は痛烈にDISっといたほうがいいと大好きな恋人 [日記]

分かりやすい例では、わざと遠くから好意を持っている男性を呼んでみたときに、急いで早足で近づいてきたり、走って近づいてきたら、同じ感情を感じている予想がたぶんある事では間違いないでしょうね。

どんな人でも、だれでも、うまくできる恋愛テクがあります。

実は「笑顔」です。

かわいい笑顔を向けると、1ぞくぞくと人が集まってくる、2明るく見える、3誘いやすい雰囲気がでるという現実。

男泣きというものは女性を揺さぶらせるものであるが、泣いた状況によっては「しょうもない弱虫」にされてしまう予測もあります。

「今回の分は俺が払うから、次回はごちそうしてね(笑)」というふうに言えたならば、女性に後ろめたい感情を感じさせないように、場の空気を和やかにして、再度の二人のデートの約束にこぎつく事が予想できる。

























二人で出かけた際、別れるときは余計に引っ張らずに、もっともアツい時粥
屬任靴い椴イ賣イ譴砲覆襪函⊆_鵑睛兇錣譴燭乕❹紺貊錣帽圓④燭い\xA1
覆箸いΥ蕎陲砲気擦觧槪❹靴泙后\xA3

異性への愛情だけが恋人たちの関係を結んでいる。

支えあう二人だからこそ男も女も異性に、決していいかげんな事ができない。

その誠実さが二人とも磨くのだ。

必見!真っ暗闇の心理的な影響はアンビリーバボー!瞳が広がる事で、ハートを射止めたい異性が惚れてしまう。

どんな時でも人間は、強い興味のあるものを見ると、じっと見ようとして、瞳を大きくする。

女性が会話を楽しんでいる途中で、枝毛を手入れしているように見えた事ではありませんか?会話の相手が同性ではなく異性であれば、リラックスしようとしている、と言う事では、好感を持っている予想についても外れてはいない。

驚いた事にSNSや出会い系サイトから出会ったカップルの方が、深い体の関係へ発展するスピードはとても速い。

外見からではなく内側から知り合った関係なのでその後実際に触れ合ったときに、感情をオープンにしやすいためだ。



「コンパとか飲み」という古びた言い方完全に時代遅れで、かっこ悪い。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

原口あきまさ 嫁を極めるためのウェブサイト9個と大好きな恋人 [日記]

「次はどこかにお食事に行きましょう」と聞いた返事が、「行けるようならイケたらね」とその人から答えが送信されたら、高い確率で実現できない。

行きつけのカフェでお茶を楽しんでいるとき、「二人の事、いい関係に見えてるかな」と恋人にそっと聞いてみて。

彼女のこの話を使って質問された男性は、とてもあわてるよ。

「浮気もした事がないくせに、かっこつけてんじゃないわよ」こんな罵詈雑言を彼に叫ぶと、聞いた彼氏は「許せない!浮気してもいいんだな?わかったよ!」と彼女には告げずに態度を変える。

いわゆるイケメンは実際、「軽そうだよね」「女の人に大大人気だよね」「女の人との出会いいっぱいあるよね」と思われて大人気がない。

普通の女の人の恋人候補から外される事が珍しくないのだ。

























「自由な時間がない」が決まり文句になっている女性はモテないものだ。

「どんなときに声をかけてもデートの\xA1
ひまがなくて却下されそう」と男の人が持ちかけるのを投げ出してい\xA1
るのではないか。

結婚できなくても、同じように愛する事ができるのが本当の恋。

離れ離れになる日がくるかもしれないけど、それを知っていても別れられない、それが真実の愛!ムードが少ないと女性にアプローチする事ができないという男は“男性性”が足りないと言われる。

十分に“男性性”が十分あれば雰囲気を作らなくても、強気でいけるし、むしろ女性が男に近づいてくる。

いいなと思っている男性の感情を手に入れたいと願うなら、口説きたい彼の60cm以内に入って下さい!「あなたのうっとりさせる香り」「あなたのセクシーなうなじ」必殺の「Body touch」これら三つの技で意中の男性を攻めろ!犬派は感情を表す事の多い恋人がいい。

自分の注いだ情の分だけ同じように自分にも返す、そんな感じの自分好みのパートナーを願う時が少なくない。



交際相手のいる女の人やガールフレンドのいる男性、扶養家族のいる人や彼氏と別れたばかりの人が恋愛の相談を申し込む時は、お願いした人に気がある可能性がとってもデカいとされている様だ。
あの人と話すとハッピーだな、肩の力が抜けるな、とか、コミュニケーションの中でやっと「あの人ともっと親しくなりたい」という想いをキャッチするのだ。

恋愛ではそれらの手間が欠かせないのだ。

10代の男子が女子に恋愛の相談を申し込む際には、本丸とは確定できないけれど、男の心模様としてはセコンドぐらいに好感を持っている人というクラスだとしている事が過半数を占めます。

実に格好いい男子は、嘘八百の恋愛テクでは恋人同士になれないし、人格者として一所懸命に人望を集める事が、手堅く色気を感じさせる男性を落とす戦略です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

我輩はうつヌケであると大好きな恋人 [日記]

多くは愛に関する問題を「愛する」という課題としてや、「愛する事への力の能力」としてではなく、「自分が愛される」という課題として思っているのだ。

これまでの偉大と言われる恋愛の関係には子に向けるような愛がある。

女らしい女性というものが男の激しさを心底愛するのは、男の弱い部分を知っているのが理由。

雰囲気の助けがないと女性に声をかける事ができない、そんな男はきっと“男性性”がたりない。

おそらく“男性性”が強い男ならムードが少なくてもイケイケで攻められるし、むしろ女性がこちらに寄ってくる。

思いを寄せいている異性デートしているとき、座った席で、さりげなく間にじゃまなバッグなどなんかを置くようなら、それは拒絶している心の表れ。

まだまだ心は見せていない手がかりなのである。
























なるほど確かに現実的に大人になって考えれば確かにきれいごとかもしれない。

そ\xA1 うはいうが、叶ったらいいなとか、非現実的な希望だって本当はわか\xA1 ってても本心から願うのが恋愛である事に間違いない。

イケメンと言われていても「女好きそうだよね」「いつでもモテてるんでしょ」「女の人との出会いいっぱいあるよね」と想像されて全然モテない。

ほとんどの時は恋の対象からそうでなくなる事が多いという現実。

誰でも利用できるSNSや出会い系サイトから出会った二人の方が、SEXをする関係になるまでの時間が短い。

心の内面から引き寄せられあっているので、ネットの外で触れ合ったときに、深い仲になれるのだ。

意中の男性をこちらに振り向かせるには30秒TELが実に効果的!ちょうど良いところがきたら自分のほうからTELを切る事にする。

もしそのときに「まだ早いよ、もっと話そうよ」と男性からお願いされたら、次回に引っ張るのだ。

確かにきれいごとと言えば実際問題として大人になって考えれば確かにきれいごとかもしれない。

けれども、そうならないかなとか、非現実的な考えだって言われても真剣に叶うと思うのが恋愛と言う事でしょうね。



高名な完全に0円の無料出会い系サイトはたいていの時、ユーザーが見る自サイトのどこかに他社の広告を載せ、その売上で運営進行をしているため、サイトの利用者は無料でサービスを受けられるのだ。

日本中に存在している、想い人と結ばれるための恋愛テク。

往々にして、露骨過ぎて意中の人に嗅ぎつけられて、嫌悪感を抱かれる事も有り得る方程式もあると聞きます。

自分の容貌は不合格だと思っている男性や、恋愛経歴が浅い人など、内気な人でも、この恋愛テクを用いれば、ときめいている女子と男女の関係になれます。

ルックスがひどいからとか、要は美形が選ばれるんでしょ?と、意識している男性を恋愛対象から外していませんか?男を振り向かせるのにマストなのは恋愛テク戦術です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

子どもを蝕む「群馬県上野村乙母脳」の恐怖と大好きな恋人 [日記]

顔を見る回数を増やす事によって女の人はあなたを一層恋人候補だと思うようになる。

すでに実証済みの基本的な女性の心理学理論の影響。

短くてもいい、どんな事をしても1日1回は、顔をあわせて!女の人が会話している途中で、枝毛を探していた事ではありませんか?もし会話している相手が異性ならば、緊張感から逃れようとしている、言い換えるならば、好きという感情がある可能性についても外れてはいない。

猫派だという人はドラマチックな恋愛ができるよう願っている。

猫も実際に、当然かわいがるほど主人に寄り添うようになり、離れがたくなるペット。

でも実際のところ冷静な態度で、移り気なもの。

「今どきの若い人たちはどんなものでも手に入るからどうだこうだ」と常に評される。

しかし実際は、求めれば何でも手に入る」というのは大きな勘違いだ。

ベストの彼氏あるいは夫であったり彼女あるいは妻は奇跡的にしか射止められない。

























女性とい\xA1
うものは男性の様々な才能が特別ではない事を望んでいる。

全部が40点〜50点あたりの男性が好感をもたれる。

異常に際立っている弱点がない男性は多くの時相手にされない。

男性たちは普通、女性に感情を伝えるのが下手なもの。

異性を「からかう」行為を、考えもせず選んでしまっている事ばっかり。

結局、からかうという選択で上手にコミュニケーションをとるのが苦手な異性との交流が生まれる。

「自由な時間がない」がお決まりのセリフになっている女性は×。

「どんなときに誘っても忙しくて間髪入れずに断られそう」と声をかけたい男性が声をかけるのを投げ出しているのではないか。

愛する感情をかっこよくどうしても告白しなきゃとか、自分の複雑な女性への感情を言葉で訴えなければなんて、固く考える必要などない。

あなた自身の存在そのものが愛の告白そのものだ!『服を買いたいんだけど、選べなくて男性以外の意見が聞きたくて』とうまく二人で出かけるのもどうですか?デートが実現したら、マフラーとか帽子な\xA1
どといった小物選びに手助けしてもらうと言う事なし。



どの程度悟られずにできるかどうかがミソです。

恋愛テクを学ぶだけではなく、気軽に振る舞う「往年の大女優」に変身する事が彼へのラブ注入への得策です。

女性が好きそうな週刊誌やマンガ雑誌にも、、多ページにわたって無料出会い系のコマーシャルが投入されている様だ。

大きそうな会社の無料出会い系なら…と考える女の子の登録が、今、増加傾向にあります。

神の思し召しのパートナーは、各自が休みなく探してこなければ、出会う可能性はゼロでしょうね。

出会いは、引きつけるものだという意見が一般的です。

恋愛のお約束ともいえる悩みや弱点は誰一人として同じものはありません。

スムーズに恋愛に没頭するためには「恋愛のポイント」をGETするための恋愛テクが不可欠です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

我妻三輪子と聞いて飛んできますたと大好きな恋人 [日記]

大切な恋人のために、取るに足らないような事でも「こんな事までありがとう」や「反省してる」とそのときの心の中を忘れずに口に出す新鮮な心をいい加減にせず持ち続ける事がポイント。

男性の感情として異性の理想とするもの、第1位は 「優しさ」でした。

優しさ、「心遣い」の事。

それを感じる事が多い動作としては間違いなく「譲る、誉める、喜ぶ」。

これら3つの動きが重要。

未来の恋人を逃さないためにもっともとっても大事な秘訣は一体どんな事かと言われれば、私は自信をもって、チャンスを捉える事と回答する事だろう。

第二も同じ、第三も同じ迷わずそれだ。

恋に夢中のときは嘘を言うのは決してつきたくない。

けれど、恋人を思いやるためのウソと言う事も有りうる。

本気だからこそつく小さな嘘はそのつくほうがパートナーを幸福にする時が多い。

























グループで\xA1
出かけるとき、ドライバーだけは何があっても譲るな!必ず隣に手に\xA1
入れたい相手を座らせて自分と彼女だけの空間を作りなさい。

自分の財布を渡すだけでも自分たちだけの共同作業がそこから始まるのだ!世の中の男性は、意思の疎通をするのが下手な事が多い。

女性を「からかう」行為を、無意識で選別してしまっている。

結局、からかうというアクションで感情を伝えるのがうまくできない異性との交流を持つ事ができる。

「今の時代の若者は何でも手に入るからどうだこうだ」といつも評される。

だがしかし、何でも手に入るからどうだこうだ」というのは大外れだ。

素晴らしい彼氏あるいは夫もしくは彼女あるいは妻は相当の事がなければ射止める事ができない。

女性は聞き役になるよりも話を聞いてもらうのがうれしい。

相手の話を聞かずに自分の事ばかり飽き飽きするほど話し続ける男性は本当のバカちん。

周りを見て四六時中話役になる事を好むものな女性に問いかけてあげる事が注意点。

近づきたい異性の彼女がいるかいないかと言う事をスマートに確かめる事ができる手順があります。
1まずは、軽く買い物などに連れ出してみる。

その他は2いやらしくなく「恋人とはあまり○○○を観に行かないの?」と尋ねてみよう。



気になる男性と交際するには、上っ面の恋愛テクを持ち出さず、相手について推論しながらリスクを犯さない技法で向こうの出方を見る事が欠かせません。

「縄張りをわけまえるテリトリー・シェア」と称される恋愛テクは、意識している男性の行動範囲のテーマが始まったときに「自分が気になってたリストランテのある土地だ!」と強調するというシステム。

アパートからお出かけしたら、その場所はもちろん出会いの百貨店です。

絶えずアクティブな認識を保持して、正しい佇まいと元気な顔で他の人とコミュニケーションを取ると良いですね。

「全く出会いがないのだ」などと悔いている人は、そのじつ出会いのチャンスがないのではなく、出会いがないと申し開く事で恋愛自体を回避しているというのも、よくある話です。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog