So-net無料ブログ作成
検索選択

YouTubeで女性が恋人を誤って射殺がないインターネットはこんなにも寂しいと大好きな恋人 [日記]

女の人からされた同じ疑問を聞き返さない男性はモテる男ではない。

女性は聞いた相手に尋ねた事を尋ねて貰いたくてそれを聞く。

本人の疑問は同様に尋ねてほしいという生き物だ。

雰囲気を作らないと女性にデートの誘いができないような男はきっと“男性性”がたりない。

反対に“男性性”が強い男性ならムードのある雰囲気がなくても強行突破できるし、むしろ女が勝手に寄ってくる。

雰囲気のない状態では女性にチャレンジできない、そんな男の人は“男性性”が足りないと思われる。

いわゆる“男性性”が十分あればムードが足りなくても強気でいけるし、女性がどんどん男性に近づいてくる。

ラブラブにしたい相手が暗い感情の時は射止めたい相手の心を自分に向かせるいいタイミング!高い声と低い声を上手に使い分けろ!高い声でしゃべれば元気を与え、低い声で話してあげれば相対する人に穏やかな安心感を与える事が可能になります。

























自分が大切にしている動物の事を\xA1
聞くと、相手の自信のある部分は何かを知る事が可能なのだ。

ペットと飼い主は似るもので、飼い主にしてみても、いつも一緒のペットは人間の化身ともいえる不思議な存在というわけ。

一見、拒否的な、それ以外なら遠慮がちな態度が、とても魅力的をアップさせるという現実。

反対に、あっさりと相手の誘いにのるようでは、女性としてのとても魅力的低くするというわけ。

相手を思う愛の中には言葉よりも貴重な沈黙がある。

恋愛中の男性がその彼女にうっとりするような言葉で語りかけるとき、聞いている女性は聞こえる言葉ではなく沈黙に聴きほれている時が多い。

それは確かに実際に落ち着いて想像してみれば甘えた絵空事かもしれない。

ところが、うまくいったらいいなとか、非現実的な考えだって本当は言われても真剣に叶うと思うのが恋愛と言う事でしょうね。

結婚を前提としたお付き合いのような本当に長い期間女性と過ごしたいのなら、とてもやさしくて、とても賢い、忠実、そして信頼のおけるもう人つ相手への思いやりもある偉大な父親のような\xA1
男になろうよ。

そんな人は結婚出来るはず。



恋愛の相談に乗ったら好感を抱かれて、女性同士のカラオケ相手に呼び出してくれるシーンが増幅したり、恋愛の相談を介して対象人物と男女の仲になったりする時もあり得ます。

「蓼食う虫も好き好き」などというややこしい比喩も用いられますが、アツアツの恋愛で燃え上がっている時には、双方ともに、ちょびっと上の空の状況なのではないでしょうねか。

女の同級生で居心地よくなってしまうと、出会いはサッサと見当たらなくなってしまいる様だ。

旧友といるのは楽しいですが、週末や仕事終わりなどは頑張って人りぼっちで外出してみる事が大切になります。

出会いのニオイを嗅ぎまわっていれば、24時間何処にいても出会いは降りてきます。

大切なのは、自分を大好きでいる事。

万が一どんな状態でも、あなたらしく堂々としている事が肝心です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog